よみうりカントリークラブ(よみうりかんとりーくらぶ)

よみうりカントリークラブは、名匠上田治氏の設計で昭和36年にオープンしました。2008年には、長渡譽一氏の設計、鈴木規夫プロの監修もと、コース改造に着手、2グリーンからベント1グリーンに、また、「5ティー制」の導入でプロのトーナメントだけでなく、老若男女や技量の差を考慮した幅広いゴルファーのニーズに応えるチャンピオンコースに生まれ変わりました。 2009年、当クラブで開催された男子プロツアー「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」では石川遼選手が、16番ホールで奇跡のイーグルを決め優勝を飾り、その年の賞金王に駆け上がったことは記憶に新しい。
総合評価
4.7
スタッフ評価
4.6
設備評価
4.7
食事評価
4.2
コース評価
4.7
CP評価
3.4
距離評価
4
フェアウェイ評価
4
コースレイアウトを確認
口コミを確認(口コミ数:44件)
住所
〒6691141
兵庫県西宮市塩瀬町名塩北山
電話番号
0797-61-0112
休場日
-
カード
JCB VISA MASTER ダイナース アメックス
服装指定
上着着用
シューズ指定
指定なし
施設
練習場:あり 250Y 20打席
宿泊施設:なし
コース種別
丘陵
グリーン
ベント
ホール
18ホール パー72
コース
OUT・IN
総距離
7,236ヤード
コース設計
上田治

よみうりカントリークラブ付近の地図情報